きゃー!みなさあん!

こんにちわー!お元気ですかー?

猫ちゃんと一緒ならいつでも幸せですよね!

さてさてー!日々の出来事にもあるように

昨年末、成田空港に到着した「アオイちゃん」の

ベビーちゃん「こたろうちゃん」あぎゃー可愛い!!!

アオイちゃんってベルアンジュのポリシーにも登場している

通り、気品ある美しさ、上品な佇まい、本当に、本当に美しい

猫ちゃんがママなんですね。

ママ似の美人さん!!ほんとーに美しい!そしてかわゆい♪

前置きが長くなりましたー((^_^;)

初めて猫ちゃんのオーナー様になる皆様へ*********

今日は猫ちゃんとの触れあい♪

もー。猫ちゃんなでなで運動はいつもいっているじゃなーい。。。

もー飽きたわー。という声が。。。。

いえいえ違うんです。

今日は猫ちゃんとの魂の触れあい。

いつも猫ちゃんといると嬉しさや楽しさで一杯!

どのブリーダーのサイトにもそう書いてあります。

当たり前です。もちろんその通りです。

しかしどこのサイト運営者も、「このこと」に深く触れているサイトはありません。

「このこと」とは命あるもの同士が永遠に一緒にいる事はできないと

いう事です。

命があるのもはいつか尽きる日がくるのです。

永遠という事はないのです。いつも一緒にいる家族、オーナー様自身

そして猫ちゃんにも永遠という言葉はないのです。

このお話しは深く、今元気でかわいい猫ちゃんをみるとそんな

ことは想像できないものです。

なので数回にわたりお話しをしていきます。

第一弾として、オーナー様になられたらまずはペット保険に入りましょう。

万が一の怪我や病気に備えなければいけません。

そして入院などのケアは1泊1万円以上と考えた方がいいでしょう。

愛する猫ちゃんの苦しむ様子をみたら「代わってあげたい」と誰もが

思うものです。

しかし残念ながらそれは出来ません。

動物病院の先生も本音「私たちは出来るだけの手助けをしているだけ」

といいます。

最終的にはその猫ちゃんの治癒力を信じるしかないのです。

保険に入っていなければ、莫大な入院費がオーナー様の負担になります。

猫ちゃんを家族に迎え入れるということはそれだけの覚悟が必要なのです。

猫ちゃんの一生を面倒みきれるか。ということを考えなければいけません。

最初に猫ちゃんを家族に迎える時は、ワクワクして嬉しくてお家に迎え入れたら

可愛くて夢中で、この猫ちゃんの一生のことなど考えません。

しかし、どのオーナー様もあるとき「私は命というものを預かったんだ」

「この子の一生を面倒見なければいけないんだ」と本当の意味を理解する日が

何時かきます。

そして「命の重さ」を知る日が来るのです。

 

続きはまた来週!!!

**********************************

連日たくさんのお問い合わせいただき本当に本当にありがとうございます!

そしてひっそり更新しているベンガル日記の日々の出来事や

コラムをお楽しみにしているオーナー様!本当にありがとうございます!

引き続き応援!?よろしくおねがいしまーす!!!

*********************************