こんにちわ!
前回反響がありました、猫ちゃんが初めておうちにきた!その2です。

この「猫ちゃんが初めておうちにきた!」シリーズは初めてベンガル猫ちゃんの
オーナー様からよくあるご質問コーナーです。今日の質問は。。。

ご質問 食べ物で気をつけることは?

お答え キャットフード云々の前に重要なことがあります。
ベンガル猫ちゃんを迎える前に、お部屋の確認とお約束です。

①人間の食べ物は絶対に与えない
②部屋の隅々まで確認し異物がないか(人間の薬や小さくて猫ちゃんが
食べてしまうようなものはないか)
③観葉植物で毒性のものがないか

まず人間の食べ物は猫ちゃん用にはできていません。添加物・塩分等、甘味
油分、全てがベンガル猫ちゃんに適しません。
人間が食事をするときに可愛いからと「一緒に食べようね」などと思っては
いけません。又、魚や肉の匂いに慣れさせてはいけません。
特に貝類・甲殻類は耳の毛細血管が死滅し耳が腐敗します。
体重比で貝毒は効きますので、人間により体重の軽いねこは、
食べさせた量によっては中毒症状を起こすことがあります。
その他、チョコレート・人間の飲む牛乳・等も挙げられます。

お部屋の異物とはなにかですが。小さいネジやゴミ・万が一人間の飲む薬
(サプリメントも含む)です。間違いなく誤飲してしまう恐れのあるものは
処分した方がよいでしょう。

観葉植物はベンガル猫ちゃんにとって毒性を発揮するものがあるので
注意です(ベンガル猫ちゃんだけでなく全ての猫ちゃんですが)
イチョウやあじさい、漆等あげられますが、外で育つものなので、
室内の観葉植物では人気の ドラセナ(幸福の木) ヒヤシンス
サトイモ科のスパシフィラム・モンステラ・フィロデンドロン
は猫ちゃんが間違って食べてしまうと中毒を起こしてしまうので
気をつけましょう。